拒食症 過食症 摂食障害 違い

拒食症と過食症と摂食障害の違い

拒食症と過食症に悩まされている方も多いのではないでしょうか。実際、拒食症と過食症には大きな違いがあり、食事の摂取による違いが大きいと言えます。

 

拒食症の場合は、食事を拒否するという意味となっており、食べても嘔吐してしまうなどの症状が一般的となっています。逆に過食症に関しては、文字通り食べ過ぎてしまう症状のことを言います。

 

どちらも摂食障害の一つであり、正常な食事ができない状態になっていることを言います。それぞれ違いについては明確な点があるので、もし自分が「摂食障害じゃないのかな」と疑う場合は、真剣に病院で治療した方が良いと言えます。

 

稀に拒食症と過食症を同じように考えている方がいますし、摂食障害であることは共通しています。しかし、食事の行動原理における違いが明確な点は、知っておくことが必要なのではないでしょうか。

 

食事を摂りたくても摂れない人が拒食症で、食事を摂りたくなくても摂ってしまうのが過食症と覚えておけば、想像しやすいかもしれませんね。本来、人間の身体は食欲というものがあり、それによって正常な量の食事ができるようになるのですが、何らかの理由で摂食に関して問題が生じるのが、摂食障害の特徴と言えるでしょう。

スポンサーリンク

 

拒食症と過食症と摂食障害の違い関連ページ

診断基準
拒食症の診断基準について詳しくご紹介します。BMI・体脂肪率・身長・体重の目安など。
死亡率
このページは日本人の拒食症の割合や死亡率についての情報を掲載しています。拒食症で入院しる患者の死亡率など。

トップページ 基礎知識 特徴 原因 症状 治療法 克服法