拒食症 なりやすいタイプ なりやすい性格

拒食症になりやすいタイプ・性格

拒食症になってしまう人は、近年増加傾向にあると言われています。もともと精神的に不安定な状況の方や強い不安を抱える方が拒食症になりやすいと言われており、多くの方が実際に拒食症に悩まされています。

 

この病気に関しては、なりやすいタイプやなりやすい性格というのがあり、原因をしっかり把握することが必要となります。しかし、実際に原因に気付かない方も多く、知らず知らずのうちに拒食症が進行していることもあります。

 

例えば、何か不安や悩みを抱えている時、「何も食べたくない」と感じてしまう方もいますよね。そういう方の中には、次第に不安を感じる度に不食傾向が強くなり、最終的には食事を受け付けなくなってしまうのです。そうなると、拒食症も悪化していき、最終的にはより深刻な状況となってしまうワケです。

 

性格的にストレス耐性の弱い方依存気質の方不安を抱えやすい方など、色々な方が拒食症になる可能性があります。摂食障害は一度なってしまうと、回復するまでに苦労することも多い病気です。

 

今一度、摂食障害については気を付けておきたいところですね。「自分なら大丈夫」と思っている方も、もしかしたら拒食症が徐々に進行しているかも知れません。

スポンサーリンク

 

拒食症になりやすいタイプ・なりやすい性格関連ページ

見た目の特徴
拒食症になったしまった場合の見た目の特徴について詳しくお伝えします。体型や顔などに出る症状など。
お菓子は食べるケース
このページではお菓子しか食べない人の拒食症の疑いについてご紹介します。食事の代わりにお菓子は食べるという方は参考にしてください。

トップページ 基礎知識 特徴 原因 症状 治療法 克服法