拒食症 ダイエット 違い 嘔吐 下剤乱用 太るのが怖い

拒食症とダイエットの違い|嘔吐・下剤乱用・太るのが怖い

拒食症とダイエットを混合して考えている女性も近年多くなり、それが一種の社会問題になっているとも言えます。はっきり言うと拒食症は摂食障害という病気の一つで、ダイエットとは違います。

 

例えば、ダイエットのためと言って、わざと嘔吐する行為や下剤乱用をする行為を行っている方がいます。それは「太るのが怖い」という一種の感情だと考えられますが、実はすでにそれがダイエットの枠を超えて拒食症になり始めているとも言えます。

 

実際、太るのが怖いのは女性であれば普通のことですし、男性も太るのが嫌という方は多いです。しかし、例えば食事をして強制的に嘔吐したり下剤によって出してしまったりするのは、病的な感情が絡んでいますよね。

 

摂食障害はそういった極度の不安などからもたらされる病気なので、極度に「太りたくない」と考えるのは良くないです。人間の身体は急激に太ることはないので、ダイエットをしっかり行っておけば怖がる必要はありません。

 

拒食症とダイエットを混然一体で考えてしまわないように注意したいところですね。拒食症は病気でダイエットは痩せるための鍵です。そう考えると、それぞれ異なるものというのが分かったのではないでしょうか。くれぐれも無理なダイエットはしないようにしましょう。

スポンサーリンク

 

拒食症とダイエットの違い|嘔吐・下剤乱用・太るのが怖い関連ページ

ストレス・人間関係
このページではストレスが拒食症の原因になっているケースについてお伝えします。恋愛相手や母親との関係がストレスになり拒食症になっているケースについて。
低血糖症
拒食症と低血糖症について詳しくお伝えします。低血糖症についてや拒食症との関係について詳しくご紹介します。

トップページ 基礎知識 特徴 原因 症状 治療法 克服法