拒食症 薬物治療 薬 副作用

拒食症の薬物治療|薬の副作用など

拒食症というのは、精神的な面が強く関わっていて、心理面から治していくのが一般的となっています。その一方で、薬を使った治療方法もあります。主に拒食症などの摂食障害で行われている薬物治療としては、向精神薬を使ったものが一般的ですね。

 

しかし、向精神薬は、心の状態を正常に戻すものなので、根本的に摂食障害そのものを治すというものではありません。その点は、利用者やその家族の理解が必要です。

 

例えば、拒食症の患者に多いのが、うつ病などの精神疾患を併発している場合です。その場合、摂食障害を治す前に、うつ病から脱却することが必要となります。そういった意味でも薬が必要となることは多いですね。また、向精神薬とはいっても色々な種類がありますし、他の薬の利用も必要となります。

 

薬としては、抗うつ薬や抗不安薬、抗精神病薬などを使い分けることが必要です。また、睡眠導入剤や睡眠薬などによって、健康的な睡眠を取らせてあげることも重要です。薬物治療のレベルは年々高くなっているので、拒食症の場合は薬で治すことも考えたいですね。

 

また、拒食症によって無月経などの女性特有の症状が出る場合があります。そういう時は、産婦人科に相談してみることも必要です。

 

薬の副作用について

薬の副作用については、処方される薬によって異なります。精神を支える薬の場合、眠気が出るの場合が多いです。

 

拒食症の方は、栄養が足りていない状態なので、通常よりも副作用が出やすい傾向があります。ですので、専門の医師があまり副作用が出ないように薬を処方してくれるはずです。

スポンサーリンク

 

拒食症の薬物治療|薬の副作用など関連ページ

カウンセリング治療
拒食症のカウンセリング治療についての情報ページです。拒食症のカウンセリング治療の効果や概要を掲載。
入院治療
このページでは拒食症の入院治療について詳しくご紹介します。入院するときの体重や入院期間にいついてなど。
認知行動療法
拒食症の認知行動療法(行動制限療法)についての情報を掲載。拒食症の認知行動療法の概要や特徴について。
対人関係療法
拒食症の対人関係療法について詳しくお伝えします。拒食症の対人関係療法の特徴や効果について掲載。

トップページ 基礎知識 特徴 原因 症状 治療法 克服法