拒食症 入院 治療 体重 期間

拒食症の入院治療|体重は何キロで入院?入院期間など

摂食障害の中でも、特に拒食症は命に関わる病気とも言えます。当然人間が生きていくためには食事が必要なのですが、その食事を摂らない(摂れない)ので、健康に害することも多くなるのです。状況にとっては入院して治療を行うことが必要なケースもあります。

 

むしろ、自宅で治すということは難しいため、入院治療を行うことも多々あると言えるでしょう。入院に関しては、医師の判断によるものが多く、体重が著しく減少している場合などに「入院が必要だ」と医師から告げられることになります。

 

具体的に拒食症の人の身長や体格によって異なるため、「何キロで入院」という風に決めることは少なく、医師が実際に見て判断することが多いです。拒食症の場合は、標準の体重の60%以下の方などは緊急入院の可能性もありますね。

 

入院期間については、これも回復するかどうかによって左右されるので、「いつになったら退院できる」という決まりがあるワケではありません。本人の精神状態が安定し、回復傾向になった場合でも、そこから再び摂食障害を引き起こしてしまう患者の方もいます。

 

だからこそ、長い目で見て治療していくことが必要となるのです。特に摂食障害はメンタル面での乱れによって症状が悪化することもあるので、慎重に対処していける環境が必要となります。

スポンサーリンク

 

拒食症の入院治療|体重は何キロで入院?入院期間など関連ページ

カウンセリング治療
拒食症のカウンセリング治療についての情報ページです。拒食症のカウンセリング治療の効果や概要を掲載。
薬物治療・薬の副作用
このページでは拒食症の薬物治療についてお伝えします。拒食症の薬物治療の内容や薬の副作用についてなど。
認知行動療法
拒食症の認知行動療法(行動制限療法)についての情報を掲載。拒食症の認知行動療法の概要や特徴について。
対人関係療法
拒食症の対人関係療法について詳しくお伝えします。拒食症の対人関係療法の特徴や効果について掲載。

トップページ 基礎知識 特徴 原因 症状 治療法 克服法