拒食症 対人関係 対人関係療法 効果

拒食症の対人関係療法とは?効果など

人間がストレスを感じる時、それは人に対してということが多いです。実際、拒食症に悩まされる方は、対人ストレスを強く受けやすい傾向があり、拒食症などの摂食障害になってしまったおおもとの原因が対人関係にあるということもめずらしくありません。

 

そういう時に利用される治療法が、対人関係療法です。もともとうつ病などの精神的な病気に対して行われてきた治療法となっているのですが、近年は拒食症の方にも効果的ということが認められているため、正式な治療法として活用されているのが特徴ですね。

 

拒食症となってしまった原因となる対人関係を改善し、精神的に安定させていく治療法となっていて、患者の心のケアも視野に入れて行うのが一般的です。

 

また、対人関係療法は専門の医師が行うものなので、周りの家族や友人によって左右されるということは少ないです。精神的な病の一つには、家族や友人が大きく関わっていることもあるので、不用意な言葉や相手の立場を考えない激励は避けておくことが必要です。

 

医師はその点を理解して行っているので、治療自体も数十回に分けて行うことが多いです。回数としては12回から16回程度の通院によって治療を行うことなどが一般的ですね。ストレスの原因を排除し、再び健康的な状態を取り戻せるように、医師と協力していくことが必要だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

 

拒食症の対人関係療法とは?効果など関連ページ

カウンセリング治療
拒食症のカウンセリング治療についての情報ページです。拒食症のカウンセリング治療の効果や概要を掲載。
薬物治療・薬の副作用
このページでは拒食症の薬物治療についてお伝えします。拒食症の薬物治療の内容や薬の副作用についてなど。
入院治療
このページでは拒食症の入院治療について詳しくご紹介します。入院するときの体重や入院期間にいついてなど。
認知行動療法
拒食症の認知行動療法(行動制限療法)についての情報を掲載。拒食症の認知行動療法の概要や特徴について。

トップページ 基礎知識 特徴 原因 症状 治療法 克服法